スイッチのプロコンをレビュー!不具合あると聞くが買うべきか?

ども、ねおかずやです。

ニンテンドースイッチの周辺機器でも欲しいと思うものがProコントローラーではないでしょうか。

値段はソフト一本買えるほどお高いですがその値段相応の価値はあるのでしょうか。

今回はProコントローラーをレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告




スイッチのProコントローラーとは?

グリップ型で持ちやすく、TVモードやテーブルモードでのゲームが、
長時間でも快適にプレイできるワイヤレスコントローラーです。

引用元:周辺機器 | Nintendo Switch|Nintendo – 任天堂

任天堂さんの説明通りゲームプレイを快適にするコントローラーです。

デザインもカッコよく現在ではスプラトゥーン2デザインやゼノブレイド2デザインも発売されています。

しかし冒頭にも書きましたがお値段は税込み7,538円(マイニンテンドーストアでの値段)と高め。

ちょっと買うのを躊躇してしまう値段ですね。

果たしてそんなProコントローラー、略してプロコンは買うべきなのでしょうか。

プロコンの良い点

ではまずプロコンの良さを伝えます。

ほとんどはJoy-conとの比較になりますけど。

大きいため持ちやすい

プロコン最大の良さですね。

コントローラーのグリップやら形やらが手にフィットするため非常に快適にゲームを遊べます。

Joy-conグリップと比べれば大きさの違いがわかるでしょう。

やはり比べるとJoy-conは小さいですね…。

それゆえ持ち運びには便利なのですが。

一方プロコンは丁度よい大きさになっています。

写真ではあまり伝わらないかもしれませんが使うと本当に感じが違います。

ボタンが押しやすい

Joy-conの問題点はその小ささ故にボタンの配置や大きさが限られてしまうことです。

特にZRやZL、LやRボタンは押し間違いが多いです。

また十字キーもスティックの下にあるため押しにくいです。

(ちょっと写真がボケてますね)

しかしプロコンはその問題点を解決しています。

RやLボタン、ZRやZLボタンが大きくなっています。

RとLボタンに厚みがありますしZRやZLは幅広くなっており、指先の感触で違いがわかります。

また十字キーも左スティックの右斜め下にあります。

(また写真がボケてるじゃないか…)

さらに言えばABXYボタンが右寄りになっていますので押しやすいです。

ボタンを快適に押せるメリットはとても大きいですね。

テレビモードやテーブルモードで充電を気にする必要がない

主にテレビモードやテーブルモードでJoy-conを使う時に私を悩ませていたのがバッテリーでした。

Joy-conのバッテリーがいつ切れるかわからないため長時間のプレイでは警戒してしまうことが多いです。

(一応Joy-con充電グリップとかありますのでこの問題点だけならば解決できます。)

プロコンもバッテリー内蔵ですので充電が必要です。

しかしプロコンは充電ケーブルが付いていますので万が一不安ならば有線でプレイすることもできます。

関連記事

スイッチをテーブルモードで遊んでいるけど充電しながらプレイはできない。そんな方には角度調整の幅が広い安価なスタンドを紹介します。

ジャイロ・ワイヤレスあり

もちろんプロコンにもJoy-con同様ジャイロ機能やワイヤレス機能があります。

ではそれの何がメリットかというと他のコントローラーにはなかなかついていない機能なんですよね。

例えばホリが発売しているホリパッド。

ホリは有名ですので信頼できますし安いのも特徴的です。

しかしこのホリパッドはジャイロやワイヤレス機能は付いていません。

(もっと言えばHD振動やアミーボも使えないです。)

なのでテレビモード限定、しかもジャイロなしでプレイすることになります。

一方プロコンはJoy-conの機能がしっかりついています。

なのでJoy-conからプロコンに切り替わってもほとんど問題ありません。

プロコンの悪い点

ではプロコンのデメリットを書いていきます。

持ち運びには適さない

大きいため持ち運びには適さないでしょう。

まぁあくまでも家用ですね。

関連記事

ニンテンドースイッチをや収納できるものが欲しいけど何を買えばいいのかわからない…。そんな方はぜひこの記事を参考にしてみてください。収納する必要性とおすすめバッグについて書きました。

左スティックから白い粉が出る

よくレビューで左スティックから白い粉が出るという報告があります。

確かに白い粉が出ますね。

削れて出ています。

この白い粉が原因で左スティックが壊れたとレビューする方もいますね。

しかし任天堂は白い粉は左スティック故障の原因ではないと主張しています。

どっちが合っているのかわかりませんね…。

私の場合も白い粉は出ていますがスティックの故障はしていません。

というのも実は白い粉があまり出ないように対策しています。

とても簡単な対策です。

スティックが削れるのならばテープを張りましょう。

薄い紙テープで巻けば操作にも支障は出ません。

十字キーの不具合?

次に不具合で多いのが十字キーの不具合です。

ボタンの誤爆が多いようです。(上を押したのに左入力になるとか)

私も勝手に右ボタンが反応することが一度ありました。

しかしコントローラーの登録を一度解除して登録をしなおしたら戻りました。

それ以降問題はありません。

スティックや十字キーの不具合が多いですが私のものはひどくはないですね。

個体差が大きいのかもしれません。

なおどうしても直せない場合は修理に出しましょう。

1年間は保証期間ですので箱やレシートは取っておきましょうね。

関連記事(Joy-con不具合のお話)

ニンテンドースイッチが壊れたので修理に出して戻ってきました。そこで今回はその体験をもとに修理に出す前に考えておくべきことや方法、修理期間について書いていきます。参考にしていただければ幸いです。

やっぱり高い

やっぱ高いです。

それ相応の性能がありますので文句はないですがもう少し安くしてほしいのが本音です。

まぁ…しょうがないか。

Joy-conに戻れなくなる

プロコンに慣れていざJoy-conを使うとなるとすごい使いにくく感じます。

よくこれでプレイ出来たなと自分でも思ってしまいます。

それほどプロコンが使いやすいということでしょう。

これはデメリットじゃないな(笑)

まとめ

良い点と悪い点をまとめました。

良い点
  • とても持ちやすい
  • ボタン押しやすい
  • バッテリーを気にする必要がない
  • Joy-conの機能はしっかりある
悪い点
  • 持ち運びは適さない
  • 左スティックから白い粉
  • 十字キーの不具合が起こる?
  • 値段が高い

不具合の問題ですがスティックの白い粉は対策可能です。

(白い粉が故障の原因かは確証がないのでわからないのが現状ですが…。)

十字キーの場合は個体差があるのでは?と思います。

これは私のプロコンでは問題になっていないのよくわからないのが本音です。

もし怖いのであればプロコンの機能を削って安価になったホリパッドを検討するのも手でしょう。

値段が高いように思えますがその分とても快適なゲームプレイを提供してくれます。

使えばわかりますがJoy-conとは全然違います。

スイッチをこれからも遊ぶ、または長時間プレイするのであるならば是非買うべきものだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告




レクタングル大広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする