自分の声が嫌いな理由と好きになる方法!その声も個性です

ども、ねおかずやです。

突然ですがあなたは自分の声が好きですか?

というのもカラオケとかで自分の歌声を録音できる機能があるじゃないですか。

自分は絶対やらないなと思ったんですよ。

あまり自分の声が好きではないので。

そこでなぜ自分の声が嫌いなのか、そして好きになる方法があるのか調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告




自分の声が嫌いな人は多い

調べてみると、とある調査で8割ぐらいの人は自分の声が嫌いと答えているようですね。

ということは私と同じ考えを持っている人が多いってことですね。

ちなみにさらに自分の声を録音して再度質問すると9割の人が嫌いと答えるようです。

まぁ録音した声を聴くと「誰だこいつ!?」って感じになりますからね。

なぜ自分で聞こえる声と録音した声は違うのか

自分が話す時に聞いている声と録音した声ってだいぶ違いますね。

なぜでしょうか。

その理由は骨伝導にありました。

骨伝導とは簡単に言いますと骨を通じて聞こえる音です。

自分の声の振動が頭蓋骨に伝わって聞こえているのですね。

そして私たちが聞く自分の声は外の空気に伝わる音と同時に、骨伝導による音も混ざっているのです。

まぁ大雑把に言えば体の中と外からの音が混ざったものが自分が聞こえる声です。

対して録音で聞こえる声は外からの音であり骨伝導によるものではありません。

なので声が変わるのです。

すなわち骨伝導のあるなしによって変わるのです。

悲しいことに他人から聞こえる声は自分の思っている声とは違うようですね…。

なぜ嫌いになるのか

ではなぜ自分の声が嫌いな人が多いのでしょうか。

その理由を見ていきましょう。

聞きなれていないから

録音で聞こえる自分の声はあなたにとって違和感を覚えるものだと思います。

普段の自分が聞こえる声とはだいぶ違うでしょう。

人間の心理では慣れ親しんだものには愛着を持つ傾向があります。

すなわち自分が長く聞いてきた声は少なからず愛着を持っているはずです。

逆に聞きなれていない録音した自分の声は愛着を持てず嫌うようになるのです。

声から自分の意図がわかるから

客観的に自分の声を聞いているとその時の自分の心情がわかるものです。

というのも声は発声時の心理状態で変化していきます。

自分の心理を表に出されて恥ずかしくなるのです。

自分が嫌いだから

自分が嫌いだと発する声も嫌いになります。

嫌いな人の様々なことや行動に対して嫌悪感を覚えますよね。

同じように嫌いな自分自身が発する声を客観的に感じることにより嫌悪感を抱きます。

声は後天的要素が強い

声の2割は声帯と声道の長さで決まります。

これに関係して身長が高いと声が低くなって、逆に低いと声が高くなります。

で、残りの8割は後天的な要素です。

その要素は家庭環境であったり心理状態であったり、発声時の癖でもあります。

騒がしい家庭では声が大きくなりますね。

またうれしい時と悲しい時は声は違いますよね。

そして猫背で話すと声質が変化します。

というように声には後天的要素が強いためあなたにとっていい声に変えることができます。

自分の声を好きになる方法

ではどのようにして自分の声を好きになれるのでしょうか。

録音して自分の好きな声を探す

辛いと思いますが自分の声を録音しましょう。

その時の自分の声は話している時や喜んでいる時、焦っている時など様々な状態のものにしましょう。

それをとにかく聞きまくります。

その中で自分にとって良い声があったらその声を真似しましょう

その時の状況を思い出して同じ心理状態で声を出して真似しましょう。

まねした声を録音して聞いて、また真似して録音して聞く…。

こうしていくと自然とあなた良い声が記憶されますね。

姿勢に気を付ける

話す時の姿勢にも注意しましょう。

猫背であったり首を前に突き出したりしていると声が緊張して変な声に聞こえます。

首や肩、顎の力を抜いて顎を引いて背筋を伸ばしましょう。

リラックスした状態で話すことが大切です。

個性であると意識する

正直ほとんどの人はあなたの声を気持ち悪いとは思っていないはずです。

逆に友達や同僚の声をあなたは気持ち悪いとは思いませんよね。

(よっぽど作っている声ならば話は別ですが…。)

先ほどの方法はあなたの声をさらに綺麗に聞こえるようにするための方法です。

もともと声が悪いとかひどいというのはないのです。

なので「自分の声も立派な個性である」ということを意識してみるだけでも変わってくるでしょう。

その個性を磨くということで上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分が聞こえる声と録音した声との違和感、嫌いになる理由とそれを治す方法でした。

だけど録音して聞くって結構ハードル高いですね…。

学生の時、英単語を覚える方法として自分で読んだ英単語とその意味を録音して聞くという方法がありました。

声に出したり聞いたりして覚えられるし発音の練習にもなるので良いらしいですよ。

まぁ聞きたくないのでやっていませんが(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大広告




レクタングル大広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする