疲れた人のために心を癒す10の方法

勉強、仕事、人間関係…。

何かに頑張りすぎれば人間誰しも疲れるものです。

疲れた時は休むべきです。

だけど休み方を知らない人は以外と多いです。

そして私もその一人です。

うまく休めないと精神が披露して心が壊れる可能性があります。

そんな人(私を含めてですが)たちのために心が癒される方法を教えていきます。

私自身、疲れた時に実践している方法です。

癒されて少しでも心に負担が取り除けられればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告




心を癒す方法

いくつかありますので一つずつ書いていきます。

音楽を聴く

好きな音楽はありますか?

音楽は心をみなぎらせる力があります。

体を寝かせて目をつぶって音楽を聴いてみてください。

関連記事

学生時代に歌った、聞いたことがある合唱曲の中で好きなものをランキング形式でまとめてみました。あなたの好きな歌は入っていましたか?

動物と触れ合う

癒しの王道と言えば動物です。

ペットがいる人ならいいですがいない人は猫カフェに行ってみましょう。

近くにない、猫は好きじゃないのなら動物画像や動画を見ましょう。

彼らの愛くるしい姿はあなたを癒してくれます。

動物記事はこちら

可愛い動物の一つであるキツネについて調べてみました。寿命、生態や性格、エキノコックスなど書いてあります。怖い寄生虫を持っていますが可愛いのでやっぱり飼ってみたいですね。
絶滅危惧種で飛べないオウムと言われる「カカポ」について調べてみました。彼らの生態、性格、そしてなぜ数が少ないのかを書いてあります。また人に恋することもあるようですね。
まるまって寝る姿がとても可愛いヤマネについて調べてみました。こんなかわいい顔していますが天然記念物だったり生きた化石だったり山の守り神だったりいろいろな称号をお持ちのようです。

体を動かす

体を動かして心をすっきりしましょう。

ひとっ走り自由に行ってみましょう。

解放感溢れて癒しの効果を得られます。

好きなものを食べる

食べることが嫌いな人はそうそういません。

たいていの人は好きですよね。

栄養バランスが偏ったり食べすぎはよくありませんが一回ぐらいいいじゃないですか。

好きなことを抑圧しないで豪勢にいってみましょう。

人と話す

家族や気の合う友人と楽しくお話ししましょう。

気楽に会話できればストレス軽減にもなります。

会話の関連記事

コミュニケーション能力が低いため鍛えたいというのならばまずは聞き上手を目指しましょう。聞く力をつけることでコミュニケーション能力が上がります。なので今回は聞き上手になるためのテクニックにを教えます。

ぬいぐるみと戯れる

個人的にはこれはかなり効果的です。

「ぬいぐるみ療法」としてうつ病を治す治療としても役立ちます。

ぬいぐるみを抱きしめるだけで、どうして癒し効果が得られるのでしょうか?
それは、あなたが抱きしめているのは、ぬいぐるみの外見をしていてもぬいぐるみではないからです。
あなたの腕の中にいるのは、ぬいぐるみに投影された『自分の心』。
ぬいぐるみを抱いているようで、実は自分で自分自身を抱きしめているのと同じこと。
自分自身の存在を認め、優しくすることで癒し効果を得ているというわけです。

引用元:疲れた心を優しく癒そう!今すぐできる『ぬいぐるみ療法』のススメ | うつ病は自ら克服できる!皆が成功した治療法を紹介【ココロナビ】

ぬいぐるみに戯れてください。

抱いて、撫でて、話しかけてみれば心は晴れていきます。

笑う

笑うことで心が晴れることもあります。

一人で笑ってみたいときはネットで面白い画像を探してみましょう。

おすすめは「ボケて」というサイトです。検索してみてください。

また笑う機会を増やす方法はこちらの記事に書いてあります。

笑顔の効果があることがわかっても笑う機会が少ない人はいませんか?心から笑うことを増やすにはどうしたらいいのでしょうか。今回はそのような悩みを解決すべく5つの方法をあなたに提案します。

感動する

感動してみてください。

できれば泣いてください。

「涙活」というものがあるように泣くことはストレス対策になります。

関連記事

「涙活」という言葉あるように泣くことのメリットが大きくなってきています。しかしデメリットはないのか考え今回は泣くことのメリットとデメリットを書いてみました。良い効果があっても恥ずかしいのは嫌ですか?

空を見る

青空でも夜空でもいいです。

見上げてみるとなんだかだんだん癒されてきます。

自分の悩みが小さく感じるからでしょう。

十分な睡眠をとる

ぐっすり寝ましょう。

睡眠は体だけでなく、心の疲労も回復させます。

何をしても効果ない場合は病院へ行くのも手

以上が心を癒す方法でした。

参考になれれば幸いです。

しかし疲れていてそんな気がおきない。

または全然疲れが取れないと感じる場合は病院へ行くもの手でしょう。

もしかしたらうつ病の可能性があるかもしれません。

体が動けるうちに心療内科や精神科に診てもらいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告




レクタングル大広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする