もううんざり!自慢話する人への対応方法7選!

自慢話は聞いていても面白くありません。

前の記事で自慢話をする人の心理を書きました。

あなたの周りに自慢話ばかりする人はいませんか?相手するとめんどくさいですよね。今回は自慢話ばかりする人の心理を解説します。

では自慢話をする人にはどう対応すればいいのでしょうか。

今回はその対応方法を書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告




前提として自慢話する人が変わることを期待しない

その前に前提ですが自慢話ばかりする人は余程何かが起こらない限り自慢話を止めることはありません。

相手の考えが変わって自慢話をしなくなるというのは期待しない方がいいです。

性格みたいなものですので一日や二日で変わることはないです。

それよりもこちらの対応を変えましょう。

対応方法

それでは自慢話する人の接し方を書いていきます。

受け流す

ぶっちゃけ相手はしゃべって褒められたいだけなので深く聞く必要ありません。

「ふ~ん」や「なるほど」で大丈夫です。

意見を求められたら相手が期待する回答しましょう。

しかし中にはこちらの冷たい対応に気づく人もいます。

そういう場合関係が悪化するかもしれないので気を付けたいところですね。

聞いているふりをする

例えば上司の自慢ですとなかなか受け流すといった冷たい対応はできないものです。

その場合は聞いているアピールをして褒めましょう。

相づちや表情(笑顔や驚いた表情など)、目線などに気を付けて自慢話を聞いてあげます。

相手は気持ち良くなるので関係が悪化することもありません。

正直この方法はめんどくさいですね。

しかし前の記事でも書きましたが自慢話をする人はあなたに認めてもらいたいんです。

あなたは認める側なので相手より立場が上な気がしませんか?

自分よりも下の相手が必死にあなたにアピールしているんです。

そう考えれば少しは気が楽になるでしょう。

問題点は相手があなたに懐きます。

自分の自慢話を聞いてくれる人だと思いますので喜んでまた自慢してきますね。

自慢話になりそうな話題を出さない

その人が食いついて自慢してきそうな話題は避けるようにしましょう。

仕事のことを自慢する人は仕事の話題は避ける、学歴の自慢をする人は学業や大学の話題は避ける、といった感じです。

これは予防的な方法ですね。

会わない

会わなければもういいですね。手っ取り早いです。

会わないのが難しくても会う機会を少なくしていきましょう。

はっきり言う

「うるさい。自慢するな。」とはっきり言うのも手でしょう。

そう言えば相手はよっぽどの強いメンタルがない限りあなたにもう自慢話をしてくることはないでしょう。

もう関係がどうなろうがどうでもいいって人に使いましょう。

自慢話を楽しむ

せっかくの会話なんです。

もう楽しんでしまいましょう。

しかし相手の自慢話を純粋に楽しむというのは難しいでしょう。

私にはとてもできません。

なので相手が嘘をついていないか注意深く聞いてみましょう。

自慢話する人でもその内容が嘘の可能性があります。

適度に質問して嘘を見破るパズルゲームのように楽しみましょう。

または最初から全く信じなくてもいいでしょう。

相手の自慢話をフィクションだと思って聞けば少しは楽しめます。

あえて張り合って相手の反応を楽しむ

めんどくさいので相手にしないのがいいんですがその逆もありです。

自慢話をする人にあえて張り合って反応を楽しんでみましょう。

張り合うのもいいですし、相手の自慢が大したことじゃないことを言ってやるのもいいです。

例えば3時間しか寝ていない自慢をする人に対して、こちらは1時間しか寝てないと自慢し返す。

たは3時間ぐらいの睡眠ならザラにいるからそこまで自慢することじゃないというのも良いです。

ただこれも関係が悪化するので使い道に気を付けてください。

対応は相手によって変えていこう

以上が自慢話する人への対応方法でした。

上司や友達など相手によって対応を変えていきましょう。

その人と関係を続けていきたいのでしたら攻撃的な対応はできませんね。

逆に縁を切ってもいいのでしたらそれ相応の対応でもいいでしょう。

ただもしものこともありますので穏便にいきたいものですね。

それは私が弱気なだけかもしれませんが(笑)

関連記事

愚痴や悪口、陰口や自慢話。そんな聴きたくもない話をしてくる人にはどうすればいいのでしょうか。今回は聞きたくない話に対面した時の対処方法について書いていきます。
スポンサーリンク
レクタングル大広告




レクタングル大広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする