初心者おすすめのRPGツクールはどれか?お答えします

ども、ねおかずやです。

これからRPGツクールを始めようという方はどのソフトがいいのか迷うと思います。

そこで今回は私がお勧めするRPGツクールを教えます。

ちなみにツクールをやるメリットの記事はこちら

ツクールをやっている私が感じるRPGツクールをやるメリットを7つ書いていきます。
スポンサーリンク



RPGツクールはPC版で!

その前に今販売されているRPGツクールの種類を見てみましょう。

PC版では古い順で

  • RPGツクール2000
  • RPGツクールXP
  • RPGツクールVX
  • RPGツクールVXAce
  • RPGツクールMV

が現在販売されています。

あと3DSで「RPGツクールフェス」というのが販売されていますね。

古いのですとDSで「RPGツクールDS」や「RPGツクールDS+」があります。

もしやるのでしたらPC版を選びましょう。

というのも携帯ゲーム機版のものでは容量が少なかったり文字が打ちにくかったりします。

私も「RPGツクールDS」をやりましたが容量の問題に悩まされました。

しかしPC版ではそのような問題に困ることはありません。

容量を気にせず、スムーズに製作ができます。

ちなみに公式での比較表はこちらです。

プログラムの知識がなくても、手軽にゲーム制作を楽しめるゲーム制作用ソフト”ツクールシリーズ”の公式ページです。RPGツクールをはじめとして、さまざまなゲームをツクれるツクールが用意されています。

見てみたら明らかにMVを押してますね。

お勧めはVXまたはMV

いきなりの結論ですが私はRPGツクールVXかRPGツクールMVをお勧めします。

安くおさえたいのならVX、金銭面は気にしないでPCのスペックがそこそこある、またはMacであるならMVにしましょう。

RPGツクールVXのいいところ

VXのいいところは

  • 簡単
  • ネットでの素材が豊富
  • 画質もそこまで悪くない

という点です。

マップは簡単に作れますし、古い割には画質は良いです。

そして最大のメリットはネットでの素材が豊富であるという点です。

顔グラや敵グラ、スクリプトの素材はVXが一番多いでしょう。

自分でスクリプトが作れない、顔グラも作れないけどデフォルトじゃないゲームを作りたいという人にはお勧めです。

お値段は公式ストアで6,156円。MVの約半分の値段で買えます。

一応デメリットを挙げますと

  • デフォルトの音楽がイマイチ
  • こだわったマップを作るのは難しい
  • サイドビュー(ドラクエじゃなくてFFみたいな戦闘)にするのは難しい
  • Mac対応ではない

ですね。

デフォルトの音楽がイマイチなんですよね…。

まぁフリー素材を使えばその点は解決しますけど…。

そして最初は構わないかもしれないですがだんだん慣れてくると、マップにこだわりたいと思うようになると思います。

その時になると困りますね。

マップにこだわりたいのでしたらXPやMVがいいでしょう。

しかしXPは初心者向けではないので注意です。

あとサイドビュー戦闘は一応スクリプトでできますが設定が難しいです。

VXの評価や感想の記事、そしてスクリプトって何?って方はこちらへ。

初心者向けツクールの一つであるRPGツクールVXについての評価や感想を書いていきます。デフォルトのままではショボい感じがしますがスクリプト素材を借りて上手く使えばとてもいい作品ができあがります。

RPGツクールMVのいいところ

一方最新作のRPGツクールMVのいいところは

  • グラフィックが綺麗
  • 簡単に綺麗な顔グラが作れる
  • サイドビュー戦闘が簡単に設定できる
  • Mac対応

ですね。

最新作ですのでグラフィックは綺麗です。

そして顔グラや歩行グラを自分で簡単に作ることができますし、サイドビュー戦闘も簡単に設定できます。

そして大きいのはMacに対応しているというところでしょうか。

また現代系のマップもMVが豊富です。

なので現在系の物語を作りやすくなっています。

デメリットを挙げますと

  • 値段が高い
  • PCのスペックによっては動作が重くなる
  • MIDI、MP3、WAVが再生できない
  • スマホ用のゲームにするには手間がかかる

ですね。

お値段は公式ストアでパッケージ版は13,824円

ちょっと考える価格ですね。

ダウンロード版なら8,618円で安くなっていますがそれでも高いです。

ですがSteamセールを狙えばかなり安く購入することもできます。

PCのスペックがあまりにもしょぼいと動作が重くなります。

なので購入前は動作環境のチェックや体験版を動かしてみましょう。

そして大きなデメリットがMIDIやMP3が再生できないという点です。

音楽ファイルはOGGやAACしか対応していません。

フリー素材の音楽でいいと思ったものでもMIDIとかでしたら変換しないといけません。

最後にスマホ用に出力できることが書かれていますが初心者ではまず無理です。

というか自分でもわからない(笑)

もうちょっと踏み込んだ内容はこちらで

「RPGツクールMV」の評価や感想を書いていきます。最新版のツクールで初心者にもやさしい点が多いですが値段が高いのとPCのスペックが要求されます。ただそれ以上にいい点が多いですよ。

それ以外のツクールは?

一応他のツクールも簡単に紹介します。

RPGツクール2000

一番安くて初心者向けなツクールです。

のび太のバイオハザードも2000で作られたものですね。

画質はレトロですが気にならないのでしたら問題ないでしょう。

いまだに2000を愛用するツクラーさんもいるようですよ。

RPGツクールXP

先ほども述べましたがマップにこだわるのでしたらXPです。

またキャラの頭身が3頭身ですのでシリアスなゲームを作るにもうってつけです。

そしてスクリプト、すなわちプログラミングの知識があればこのツクールを使ってみるのも手です。

RPGツクールVXAce

私が長く愛用していたツクールです(笑)

VXに慣れたのならVXAceも余裕です。

VXよりも設定が細かくデフォルトでできるのであえてMVではなくVXAceというのもいいでしょう。

またVXほどではありませんがネットでの素材が豊富です。

もしVX、MV以外にするのならVXAceをお勧めします。

細かい評価はこちら。

RPGツクールVX Aceの評価や感想を書いていきます。VXに比べると初心者向きではないですが慣れればVXを超える切り札となりえるものです。